注文住宅を建てる前にすること

注文住宅を建てる前にやっておかなければならないことがあります。情報収集です。情報もないまま近所の住宅会社を訪れても時間の無駄になってしまいます。ここでは、最初に確認しておきたいことをお伝えしていきます。

資金調達の方法

家を買うときには資金を調達する必要があります。資金調達方法としては、銀行のローンが一般的でしょう。この銀行からお金を借りるときには様々な壁を乗り越える必要があるのです。まず、資金を借りる資格がある…

建てたい家のコンセプト

注文住宅を建築する前の段階で、コンセプトを決めておく必要があります。コンセプトを決めなければ、いったい誰に住宅の建築を任せたらよいのかわからないからです。住宅の建築業者はさまざまありますが、それぞ…

建築業者と土地選び

一口に建築業者と言ってみても、得意としている分野は業者によって異なります。木造住宅を建てるつもりであるならば、木造設計に詳しい業者を選ぶといったように、強みを生かせる所を選ぶと良いです。ホームペー…

福岡の注文住宅の相場

福岡の平均地価は全国平均以下ですが、最近は上昇傾向にあります。そのため福岡の注文住宅の相場は、4000万円台から5000万円台と、やや高めとなっています。

譲れないところを再確認しよう

ブレていませんか?譲れないところ

注文住宅の打ち合わせを続けていくと、はじめに持っていた譲れないところの希望と実際のプランに、ブレが生じることが少なからずあります。これは、営業担当者や設計担当者との打ち合わせの中で、設計上の都合が出てきたり、家族から新しい希望が出てきたりするために起こりがちです。ファーストプランが出来上がった際の喜びで舞い上がり、譲れないところがあったことを忘れてしまって、着工後に「あれ?」と希望が抜けていることに気が付くこともあります。 そうならないためにも、プランが出来上がったら、冷静に家族みんなで譲れないところをしっかり再確認します。これからずっと暮らしていく家ですから、妥協せずシビアな目線で、しっかり話し合いましょう。譲れないところが削られて不満を持つ人がいたり、思い描いていた内容と違う人がいたりしませんか?家族それぞれの譲れないところは、しっかり守られているでしょうか?

譲れないところがあるからこその注文住宅!

プランを再確認して、家族それぞれの譲れないところがしっかり盛り込まれていれば安心です。しかし、もしも譲れないところが盛り込まれていない場合には、営業担当者や設計担当者にそのことをしっかり伝え、プランを作成し直しましょう。話し合いによって設計上の都合などとの折り合いをつけながら、譲れないところをしっかり守り、希望に合う家づくりにつなげていくのが理想です。譲れないところを守りたいという強い意志が、家族だけでなく、営業担当者や設計担当者を含むみんなの目標になれば、たくさんの工夫やアイデアも生まれるでしょう。こうして、譲れないところの再確認をすることで、資金の割り振りなども再確認できるため、健全な予算の管理にもつながります。 譲れないところを大切にして家づくりができるのは、注文住宅ならではのことです。新居が完成したとき、家族みんなの笑顔が見られるような、満足度の高い家づくりを目指しましょう。